Know the structure of the house家のつくりを知る

夢のマイホーム計画の第一歩を踏み出したみなさまへ、ムラカミホームの家がどんなものかを知っていただくために分かりやすく説明をしたいと思います。
2×4テクノロジー
家のつくり(構造)には鉄骨造・コンクリート造・木造など様々な種類がありますが、ムラカミホームでは、その中でも木造枠組壁工法(通称ツーバイフォー工法)を採用しています。 この工法は19世紀に北米で生まれ、その後アメリカ全土に普及し現在ではアメリカ・カナダの住宅の約90%を占めています。

ツーバイフォーってどういう意味?

2×4テクノロジー


初めて耳にする方もいると思いますが、主に2インチ×4インチ(正式には38mm×89mm)の材料を使用することからツーバイフォー工法と呼ばれています。 材料は下の写真の様にいくつか種類あって、部位によって使い分けています。

ツーバイフォー工法ってどんなもの?

従来の木造住宅の工法は木造軸組工法(通称在来工法)と呼ばれるもので、土台と柱・梁・桁・筋交いなどの軸組で建物を支える工法で、木造住宅のおよそ8割がこの工法になります。

木造在来工法

対するツーバイフォー工法とは、規格化された構造材で作った枠に構造用合板を釘で打ち付け、床・壁・屋根が一体となって形成された工法で木造住宅のおよそ2割がこの工法になります。

2×4工法

ツーバイフォー工法の特徴は 耐震性  耐火性  耐久性において優れているという点です。

耐震性

ツーバイフォー工法は、サイコロをイメージすると分かりやすいと思います。
枠材と合板を組み合わせて面材を作り、それを箱型に組み立てていきます。
この時の面材の事をダイヤフラムといいます。箱型にすると、力が加わった時1点に集中させずに面全体で受けるので、地震や災害時に建物の変形や崩壊を防ぐことができます。
サイコロ
着工数
世界で有数の地震国でもある日本では、住宅の「耐震性」は重要な基本性能の一つです。
その地震に耐えうる「強さ」を実現するのがツーバイフォー工法なのです。
その強さが認められ、年々着工数が増えてきています。

耐久性

木材

ツーバイフォー住宅では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下のJAS規格に基づく乾燥材を使用しています。 木材というのは、乾燥させることで長期間強度を保つことができるので強い耐久性を発揮します。

金物

ツーバイフォー工法では、下の写真の様に長さの違う釘と接合金物によって緊結します。
釘の長さやピッチ、各部位に取り付ける金物が決まっており、これらを適切に使用することで耐久性を保つことができます。
金物

耐火性

耐火性
家を建てるときに「ぬくもりのある木造住宅がいいけど、もし火事が起きたら…?」と考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。
木造というと、どうしても火に弱いイメージがありますが、実はそんなことはないのです。
木材は一旦燃えても表面に炭化層と呼ばれる層を作り、すぐには火が木材の内部まで進行しないため強度が低下しにくいという性質を持っています。
このように、鉄と比較すると強度の差が分かります。
また、ツーバイフォー工法は火の通り道となる床や壁において、枠材や不燃材料である石こうボードなどがファイヤーストップ材(火を食い止める役割)となって空気の流れを遮断し、上へ火が燃え広がるのを防ぎます。万一火災が発生し、石こうボード等を突破されてもこのようなファイヤーストップ構造によって初期消火の可能性が高く火災時の被害を最小限に抑えることができます。
このように、ツーバイフォー工法はその高い耐火性が認められ、特殊な仕上げを用いる場合などを除いて省令準耐火構造となります。
そのため、通常の木造住宅と比べ火災保険料・地震保険料が半分近く安くなるというメリットがあります。
ファイヤーストップ材

ZEHとは?

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、年間の一次エネルギー消費量がネットでゼロとなる住宅のことです。消費電力のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しております。

※一次エネルギーとは…
石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと、一次エネルギーを加工して得られる電気などは二次エネルギーと呼ばれています。

2019年度ZEH補助金及びスケジュールについて

補助金額
70万円/戸
蓄電システム設置する場合 2万円/kwh加算(上限20万円又は、補助対象経費の1/3のいずれか低い額)
補助対象住宅
自ら居住する戸建て専用住宅
※賃貸併用住宅の場合は、条件を満たした自宅部分のみが対象となりますので、注意が必要です。
公募期間
  1. 一次公募:令和元年6月3日(月)~令和元年6月7日(金)17時必着
  2. 二次公募:令和元年7月1日(月)~令和元年7月5日(金)17時必着
  3. 三次公募:令和元年8月5日(月)~令和元年8月9日(金)17時必着
※公募期間中であっても、補助対象事業の申請金額合計が予算に達した日の前日を持って公募を終了し、予算に達した日以降に到着した申請分は原則受理されません。
交付決定
  1. 一次公募:令和元年7月下旬(予定)
  2. 二次公募:令和元年8月中旬(予定)
  3. 三次公募:令和元年9月上旬(予定)
※申請が集中した場合等は交付決定が遅れる場合があります。
事業期間
  1. 一次公募の交付決定者:交付決定通知を受領後~令和元年12月20日(金)
  2. 二次公募の交付決定者:交付決定通知を受領後~令和2年1月24日(金)
  3. 三次公募の交付決定者:交付決定通知を受領後~令和2年2月7日(金)
補助金申込までの流れ
補助金申込までには、窓の大きさや位置、ZEHに必要な設備仕様(エアコン、給湯・換気設備、太陽光発電システムなど)の機種や設置位置についても決定する必要があります。
補助金申込後の家づくりスケジュール
建物工事は交付決定後に着手する必要があります。
また、事業期間内に建物が完成し、引き渡しが完了している必要があります。
※上記補助金やスケジュールは、2019年5月時点の内容です。
当社は下記の通り目標を設定し、ZEH基準の住まいの普及に取り組んでまいります。
2016年度実績8%、2017年度実績0%、2018年実績0%、2019年目標50%、2020年度目標60%。
家の性能を知る